スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.04.13 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Rosa Clara

    0
      JUGEMテーマ:ウエディングドレス
       
      きっかけは相方の妹ちゃんが購入した一冊の雑誌でした。
      その中に、あ、これいいかも!って思ったドレスがありました。


      なんというか、とにかく今風ではないウェディングドレスです。
      子供の頃よく遊んだ着替え人形を思い出すようなデザインです。
      特にドレスを着るか着ないかまだ決めていないけど、
      もし着るならこんな感じのがいいな。

      暫く結婚式準備を放置して一旦実家に帰りました。
      冬休みをアメリカ人並みに3週間くらい取って、
      さすがに暇になってしまい、
      その時に撮った写真からリサーチし始めました。

      なるほど、それはロサ・クララという
      スペインのハイエンドのブライダルクチュールです。
      この1着は Brenda という名前の
      2013のメインラインコレクションです。
      ロサ・クララのコレクションは、
      年分によってドレスの名前の頭文字が違います。
      ちなみに、最新の2014コレクションはCから始まります。
      日本では、 広尾にあるブライダルサロン、
      クチュリエールトウキョウが扱っていそうです。
      今度日本に帰ったら行ってみよう!

      とりあえず、暖かい南国を満喫しました。
       

      試食会

      0
        JUGEMテーマ:結婚式をします!
         
        2月上旬に自由学園明日館の試食会に参加しました。



        実は、成約する前に一度試食会を予約させていただきました。
        その時は相方の海外出張とかぶってしまい、
        結局一回キャンセルしました。
        本来ならば正式に契約を立ててから、
        本番のワーンシーズン前にまとめて
        成約者が集まって行うイベントのはずだったけど。
        もしかしたら冬季節のウェディングが割りと少ないため、
        まだ仮予約中の私たちにも入れてもらったと勝手な推測をしました。
        結果的に、
        自分たちと同じシーズンに式をする方々と同じ回になりました。

        その日の集合時間は4時半で、開始時間は5時でした。
        これは午後の回の本番スケジュールと同じです。

        少し余裕があったので、売店で相方の甥っ子ちゃんに
        誕生日プレゼントの自由学園の積木セットを購入しました。
        相方のお姉ちゃんがずっと欲しがったらしくて、
        とても質がいいものでした。

        5時になると、食堂ホールでの着席が可能になりました。
        担当プランナーのSさんもいらっしゃいました。
        冬のせいかもしれないが、空色が早くても暗くなってしまいました。
        それでもそれで雰囲気が良かったのです。
        特にWright 氏がデザインした照明器具が
        より個性を強調されていると感じました。



        最初にこの会場に惹かれた木の枝の飾りも綺麗に映られました。

        本日は一番値段が高いメニューと飲み放題プランを
        試食させていただきました。
        アルコール系に詳しくないので、
        ワインについてあまりコメントできなかったけど、
        料理は間違いなく美味しかったです!
        特に御飯とお吸い物が印象的。
        同じテーブルの方々も
        あっちこっちで「おいしい〜」と仰いました。
        食物に集中すぎて、カメラもノートも用意したにもかかわらず、
        ほとんどメモしてなかった!形だけ1枚の写真を残そうと。


        会場決定

        0
          JUGEMテーマ:結婚式をします!
           
          Frank Lloyd Wright の作品である自由学園明日館にしました!
          去年の11月中初めて足を運んで見学に行ったら、ほぼ即決定。
          理由は披露宴会場となる食堂の雰囲気でした。
          高砂がなく、客との距離が近いことを気に入りました。
          そもそも、「the 結婚式」的なウェディングだったら
          多分一生式をする気ない二人だから... 。
          なぜか不思議なことで
          半年間後の大安吉日がまだ空いているみたいので、
          その日に決まりました。
          後でネットで調べたら、どうやら1年前から
          電話予約の激戦で勝ち残らないと取れない人気式場らしい。
          とてもラッキーでした!
          ギリギリまで動かないタイプなので、
          あえてブログで記録しながら準備に向かいたいと思います。


           

          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << August 2020 >>

          profile

          selected entries

          categories

          archives

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM